任意保険基準

慰謝料を支払うときに多くの人が任意保険で支払われた保険金で慰謝料の支払いに充てる人が多いですが、任意保険に加入している人は任意保険基準をしっかり理解しておかなければいけません。この任意保険基準とはそれぞれの自動車保険会社が独自に設定している基準のことです。
自動車保険を扱っている保険会社はたくさんありますので、自分が契約している保険会社の任意保険はどのくらいの基準になっているかを理解しておきましょう。

各自動車保険の会社は独自の基準を設定していて、慰謝料などの損害賠償の基準で、最低限の保障をしてくれる自賠責保険基準と過去の判例を基に算出する弁護士基準の中間の基準を設定しています
自賠責基準のように安くなく、弁護士基準のように算出するのが難しくないために、相手との交渉が決裂することが少なくて、トラブルに巻き込まれる可能性が低いのが任意保険基準の特徴です。

事故が大きくなればなるほど、自賠責保険では全ての慰謝料の支払いをカバーできなくなってしまいます。そのカバーできない部分を任意保険でまかなっていきます。様々な損害を補償してくれる任意保険は、とても便利な保険と言えますが、それぞれの保険会社で任意保険基準が異なるので注意しなければいけません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket