弁護士基準

事故を起こしてしまった加害者は誠心誠意対応するために少しでも多くの慰謝料を支払う義務がありますし、被害者は肉体的にも精神的にも大変な目に遭っているので、すぐにでも病院に行って症状を完治させるために、少しでも多くの慰謝料をもらいたいという気持ちになってしまいます。そのような状況の中で慰謝料の基準の中でもっとも金額の設定が高いのが「弁護士基準」です。

弁護士基準とは自賠責保険基準や任意保険基準とは異なり、過去の交通事故の判例などを元にしながら、それらの判例と照らし合わせて算出される基準が弁護士基準の特徴で「裁判所基準」などとも言われています。民事交通事故訴訟の損害賠償額算定基準などで基準が決定して妥当な慰謝料の金額が決定します。自賠責保険基準や任意保険基準よりも高額の慰謝料になることが特徴です。

普通の人であれば被害者になってしまった場合、できる限り少しでも多くの慰謝料をもらいたいという気持ちがありますので、自賠責保険基準では納得できないことが多いです。ですから高額の慰謝料を期待することができる弁護士基準は被害者にとって大変メリットになります。加害者側との示談交渉は弁護士に依頼することが大事と言えるでしょう。

参照サイト《交通事故示談
└示談交渉の流れについて掲載している「交通事故被害者救済サイト」です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket