自賠責基準

交通事故で慰謝料を請求するときに基準として自賠責基準というものがあります。この自賠責基準とは交通事故によって負傷してしまった被害者に支払う慰謝料の補償の最低限の基準となり、様々な基準の中では最も低い保険額となっています。
自賠責保険というのは強制保険とも言われていて、必ず全員が加入することになっています。この自賠責保険から支払われるのが自賠責基準として支払われます。

交通事故が起こってしまい人身事故になってしまったら、加害者が慰謝料を補償しなければいけませんが、任意保険と比べると補償額がとても少ないために全ての慰謝料を自賠責基準ではまかなうことができない可能性があります。そうなってしまうと自腹で慰謝料を支払っていかなければいけなくなり、加害者もその後の生活が大変になってしまい自分の財産を慰謝料に充てることになってしまいます。

そうならないためにも自賠責基準だけでは慰謝料を全額支払うことが出来ない可能性があるということを十分に理解しておくようにしてください。そう考えたときに自賠責保険だけではなくて任意保険にも加入しておく必要があります。
任意保険に加入していれば何かあったときに十分な保険金で慰謝料を支払うことが可能になります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket