弁護士基準

事故を起こしてしまった加害者は誠心誠意対応するために少しでも多くの慰謝料を支払う義務がありますし、被害者は肉体的にも精神的にも大変な目に遭っているので、すぐにでも病院に行って症状を完治させるために、少しでも多くの慰謝料をもらいたいという気持ちになってしまいます。そのような状況の中で慰謝料の基準の中でもっとも金額の設定が高いのが「弁護士基準」です。

弁護士基準とは自賠責保険基準や任意保険基準とは異なり、過去の交通事故の判例などを元にしながら、それらの判例と照らし合わせて算出される基準が弁護士基準の特徴で「裁判所基準」などとも言われています。民事交通事故訴訟の損害賠償額算定基準などで基準が決定して妥当な慰謝料の金額が決定します。自賠責保険基準や任意保険基準よりも高額の慰謝料になることが特徴です。

普通の人であれば被害者になってしまった場合、できる限り少しでも多くの慰謝料をもらいたいという気持ちがありますので、自賠責保険基準では納得できないことが多いです。ですから高額の慰謝料を期待することができる弁護士基準は被害者にとって大変メリットになります。

参照サイト《交通事故の発生から示談までの流れ | 交通事故被害者救済サイト

任意保険基準

慰謝料を支払うときに多くの人が任意保険で支払われた保険金で慰謝料の支払いに充てる人が多いですが、任意保険に加入している人は任意保険基準をしっかり理解しておかなければいけません。この任意保険基準とはそれぞれの自動車保険会社が独自に設定している基準のことです。
自動車保険を扱っている保険会社はたくさんありますので、自分が契約している保険会社の任意保険はどのくらいの基準になっているかを理解しておきましょう。

各自動車保険の会社は独自の基準を設定していて、慰謝料などの損害賠償の基準で、最低限の保障をしてくれる自賠責保険基準と過去の判例を基に算出する弁護士基準の中間の基準を設定しています。
自賠責基準のように安くなく、弁護士基準のように算出するのが難しくないために、相手との交渉が決裂することが少なくて、トラブルに巻き込まれる可能性が低いのが任意保険基準の特徴です。

事故が大きくなればなるほど、自賠責保険では全ての慰謝料の支払いをカバーできなくなってしまいます。そのカバーできない部分を任意保険でまかなっていきます。様々な損害を補償してくれる任意保険は、とても便利な保険と言えますが、それぞれの保険会社で任意保険基準が異なるので注意しなければいけません。

自賠責基準

交通事故で慰謝料を請求するときに基準として自賠責基準というものがあります。この自賠責基準とは交通事故によって負傷してしまった被害者に支払う慰謝料の補償の最低限の基準となり、様々な基準の中では最も低い保険額となっています。
自賠責保険というのは強制保険とも言われていて、必ず全員が加入することになっています。この自賠責保険から支払われるのが自賠責基準として支払われます。

交通事故が起こってしまい人身事故になってしまったら、加害者が慰謝料を補償しなければいけませんが、任意保険と比べると補償額がとても少ないために全ての慰謝料を自賠責基準ではまかなうことができない可能性があります。そうなってしまうと自腹で慰謝料を支払っていかなければいけなくなり、加害者もその後の生活が大変になってしまい自分の財産を慰謝料に充てることになってしまいます。

そうならないためにも自賠責基準だけでは慰謝料を全額支払うことが出来ない可能性があるということを十分に理解しておくようにしてください。そう考えたときに自賠責保険だけではなくて任意保険にも加入しておく必要があります。
任意保険に加入していれば何かあったときに十分な保険金で慰謝料を支払うことが可能になります。

慰謝料金額における基準

もし自分が交通事故に巻き込まれてしまったら加害者に対して慰謝料を請求することになりますが、交通事故で慰謝料を請求するときにどのくらいの金額を請求できるのか知らない人が多いです。慰謝料の基準を知っておかなければ交渉が決裂してしまったり、交渉が難航してしまう可能性があります。また被害者の自分が納得できない金額で交渉を強いられてしまう可能性もあります。

そのような状況になってしまう前に交通事故における慰謝料の平均額を理解していおけば、交渉が決裂することなくお互いが納得した金額で慰謝料を請求することができます。
自分が交通事故に遭ってしまう可能性があるのであれば、どのくらいの慰謝料が平均の金額かをしっかり理解しておくことが重要です。自分が被害者になったときだけでなく、加害者になってしまったときに、相手に迷惑をかけないでスムーズに交渉をするためには事前に慰謝料のことを勉強しておく必要があります。

しっかり慰謝料のことを勉強しておけば自分が交通事故の被害者になったときに納得できる金額の慰謝料を加害者からもらうことができます。知識がないと妥協してしまい加害者の思い通りになってしまいます。加害者はできるだけ早いタイミングで少ない金額で解決したいと思っています。
加害者の思い通りになってしまったら自分が損をしてしまう可能性があるということを十分に理解するようにしてください。
当サイトでは交通事故の慰謝料請求前に覚えておきたい様々な知識について解説しています。